世界に広がる色彩治療50年の歴史を持つ東洋医学の集大成

  • Color Therapy色彩療法

  • 色彩治療とは?
  • 色彩治療とは、障害を受けた細胞に対して、同じ波長を持った色をカラダの必要な部分に貼付することにより、病気の波長を相殺させる東洋医学を応用した技術です。

    ①即効性のある治療

    ②副作用無しの治療

    ③治療時の刺激痛が無い治療

    ④老若男女問わず施術可能

    ⑤多様な疾患に適用可能


  • Japan to the world从日本走向世界

  • 世界中から
    注目されている施術方法
  • 加島針灸院(加島色彩研究所)は創立50年以上の歴史を持つ針灸院です。

    色彩研究所とは、国際色彩診断治療研究会を当院の院長加島春来が1998年に設立しました。会員構成は鍼灸師等、国が定めた医療従事者(国家資格)を保有している先生方で構成しています。

    また外国では韓国に支部が出来ており、他には台湾・中国・ロサンゼルス・ハワイ・ハンガリー・オランダなどでも活動しています。

    色彩治療は世界でも行われている治療法なのです。

    • Publication发表论文

    • 論文・本も出版しています
    • 世界中には、日々症状に悩み苦しむ患者さんがたくさんいます。

      そうした人たちの何か手助けになれないかと考えた私たちは、国内、国外問わず、講演会などを主催し精力的に色彩治療を広めています。

      論文や本を出版し、医療業界のみならずスポーツ業界などにも大きな影響を与えており、近年ではオリンピック選手、プロ野球、Jリーグ選手など各界の著名人の方にも
      色彩治療の効果を実感して頂いております。

    • 院長紹介色彩治療の第一人者

    • 院長 加島 春来

      私は1995年にカラーにも電磁波があり波長があるなら、細胞にも電磁波があり波長があることの想定から研究を始めました。その調べ方はバイ・デジタルOリングテスト(BDOT)を用いて行いました。
      最初は、当院に実物の人骨がありましたので頭蓋骨から調べた所、骨自体は白いのに焦げ茶色が反応し、確認しただけでそのまま保管しておりました。1週間後にBDOT会員の医師が、奥様同伴で当院に見えられ、話している途中、奥様が急に頭痛で倒れられました。先生は「原因不明でたまに起こるので4時間くらい寝かしておいて下さい。」と言われて、その時私はふと頭蓋骨から作ったカラーを思い出し、早速奥様の中指先端にカラーを巻いたところ、巻いた瞬間に目を開け「あれ!?頭痛が嘘みたいにスーッと消えた。」と言われました。このことがきっかけで、医師がこれは是非研究を続けるべきだと全面的に協力するから頑張れと言われ、ここからカラー治療が始まり、今では私の恩人です。
      その後、愛大の生化学教授の奥田拓郎先生のご協力で各種細胞、細菌、ウイルスなど、大学のプレパラートを用いてカラーを作成致しました。1998年4月には多くの医師参加のもとに国際色彩診断治療研究会が発足し、科学者の応援もありカラー治療の原理は逆位相であるということが解りました。そして国内に留まらず、海外にも6カ国カラー治療が普及して、韓国では、代替医学大学大学院で「色彩医学」で学位を取られている会員もいます。
      最近では量子物理学の世界に入り、素領域からカラーを作る方法を学び、より効果を確認することが出来る様になりました。是非皆様もカラー治療をお試し下さい。

    • 世界の名医から推薦の声無限の可能性を秘めた色彩治療

    • 医療法人五蘊会 二口子供医院理事長
      国際色彩診断治療研究会副会長 二口総一郎

      当会の副会長として、一言ご挨拶申し上げます。
      医師として活動を始めて、40年近くになります。その間心臓が止まりそうなショッキングな出来事は数多ありましたが、度肝を抜かれるようなすごい薬や治療法に出会うのは、そう沢山あることではありません。色彩治療は、まさに度肝を抜かれるような治療法でした。人の体は、単なる分子や原子などの粒粒の集まりではありません。それらの本質は光と波動です。光と波動は、素領域と言う場があるからこそ存在し認識できます。その場に、ある種の波動を響かせると物質や意識を変えることができます。これが波動治療です。色彩治療も波動治療の一種です。
      色が治療に使えることをいち早く見抜いた天才がいました。当会の会長、加島春来先生です。色を治療に使おうとしている人はたくさんいますが、ここまで精緻な治療法を確立したのは加島先生だけです。痛みが瞬時に消えるのは当たり前。癌や難治性疾患までもが治ってしまうのは、多くの人にとってその理解の範疇を超えています。ただ問題点は、加島会長のように縦横に色彩を操れる人間がまだ多くはないことです。開発された一万種類を超えるカラーを使う方法は無限大にありますが、多くの会員はその膨大な遺産の前で立ちすくんでしまうのが現状です。ハードは充実したけれど、ソフトが追い付いていないのが現状です。
      しかし、次世代の若い会員たちが、これらを縦横に使いこなして、多くの難治性疾患を治療できるようになるのも時間の問題であると思われます。
      色彩のような波動治療は、目に見える世界ではありませんので、言葉で説明することが困難です。しかし料理と一緒で、一度味わって体験すると、もう現代医学には戻れないでしょう。とにかく一度、体験されることをお勧めします

    • 医療法人社団喜龍会
      岩渕クリニック理事長 医学博士
      国際色彩診断治療研究会 副会長
      岩渕文夫

      我々の色彩治療は色彩を皮膚に貼っているが、皮膚は介入臓器ではない。色彩を遠隔臓器代表領域の皮膚に貼っただけで、その臓器の症状が瞬時に消失することは、解剖生理学的に説明がつかない。
      結論を言おう、我々はLight beingなのである、すなわち我々の体は肉体だけではなく光の体なのである。どちらが優位か、もちろん光の体である。肉体を治療する現代医学は病気の下部だが、色彩治療は色彩で光の体に介入することにより病気をコントロールできるのである。

    • 堀田医院堀田忠弘

      色彩治療が私の診療の中で大きな力を発揮するのは、痛みが強く直ぐに何とかして欲しいと駆け込んでくる人への治療と歯周病です。歯周病は内科的疾患とくに心臓病との関連が強く非常に助かっています。

      Koyama Chiropractic & Acupuncture Clinic甲山泰成/箕田さおり

      色彩治療に出会えたことは私達の宝です。医療のあらゆる可能性を秘めた治療方法です。この将来有望な医療をロサンゼルスを始め、世界中に広めていくことが私達の使命だと思っています。

      韓国支部玄玄気家李 準

      色彩治療は、現代標準医療と東洋伝統医療の理論と方法を融合させた革新的な治療法です。臨床研究者には臨床の喜びを、そして現代医療的な方法と東洋伝統医療の方法を通して助けを
      得られなかった難治性疾患の方たちには快癒の希望を見出す、有難い治療法であることは間違いありません。

    • 矢野鍼灸接骨院矢野徳嗣

      2002年、加島春来会長が作り出した色彩治療との出会いが、私の治療家人生を大きく変えました。今までの治療を全て止めて色彩治療一本で10万人近くの患者さんを治療して来て、痛みや病気に苦しんでいる患者さんを笑顔にしてあげれる事の喜びを知りました。

      大宝医科工業㈱ 上海支部現地法人上海維波健康管理有限公司
      須山健司

      鍼灸を中心とした治療を行い、経絡治療等の治療方法に限界を感じ、カラー、素領域などの医療に関する研究に従事しております。

      むらまつ東洋医学治療院村松 聖

      色彩治療の魅力は即効性です。今抱えている痛み・しびれ・凝りはその場で変化してゆきます。カラーの波長を最大限に活かす研究を重ね、脳波と意識を使うことで効果は高まりました。皆様の心体魂を整えてまいります。

    • 加島針灸院概要

    • 加島針灸院概要

      当院では、経絡治療を基本とした治療を行います。
      脈を整え体の調子を整えることで様々な疾患を治療していきます。またスポーツ疾患・視力の改善なども行って居ります。
      現在症状に悩んでいる方がいらっしゃいましたら是非一度ご相談ください。